留学でホームステイと寮、どちらも経験した私の体験談

Hello! Honaです。

アメリカ、フィリピン、オーストラリア、マレーシア、マルタ・・・色んな国に語学留学した私。

滞在方法も本当に色々あって、国や文化によって違うの。初めての留学だとすごく迷っちゃうよね。

今回は私が経験した滞在方法が一体どんなものだったのかシェアするよ!滞在方法を決める為のヒントにしてね!

寮(アメリカ)

初留学だったアメリカでは、通っていた日本の大学の交換留学プログラムのようなもので、学校の言うがままに、現地の大学の寮に住んだの。選択肢はなかったんだw

想像していたのは他の留学生や現地のアメリカ人学生との共同生活。

初日、受付のお姉さんに案内された部屋はなんと、一緒に行った日本人のみんなと同じ部屋だったw

えー!これじゃあ留学の意味ないじゃん!と思ったのと同時に、語学力のない私は、部屋を変えてもらうことも考え付きもしなかった。なんならホッとしてしまう部分もあった・・・w

寮と言ってもマンションみたいな感じで、1つの部屋を4人でシェアしているイメージ。だからリビング、トイレ&シャワー室、キッチンは各部屋にあったよ。寝室は2つあってそれぞれにシングルベッドと机が2つずつの2人部屋になってたよ。プライベートは完全になかった。

あと到着した日、ベッドにマットレスはあったものの、シーツ・枕・布団は自分で用意しなければいけなくて・・・そんなの知らなかったし、夜到着したもんだから長いフライトで疲れているのにも関わらず初日はマットレスだけで寝たんだ。トイレットペーパーなどの消耗品も各自用意しなきゃいけなかったよ。

語学留学生は現地のアメリカ人学生と同じ部屋には基本的にならないようになってた。とはいえ、もし現地のアメリカ人と同じ部屋になれたとしても仲良くなるのは簡単じゃない。なんせ相手は大学生!!まだまだ若い彼らは英語話せないアジア人には優しくないのが正直なところ。

他の国から来た語学留学生と同じ部屋になれば英語も一緒に勉強できるし、お互い同じ状況だから仲良くなりやすいよ!!勇気を出して部屋を変えてもらえばよかったと後悔したよ。

寮(フィリピン)

フィリピン留学は本当にコスパ最強!!文句なし!

寮と言いつつ、学校と宿は同じ建物だった。部屋は1人部屋または4人部屋。

私は4人部屋にしたんだけど、広い一間にそれぞれシングルベットと机。シーツなどは全て揃っていて、週一でハウスキーパーさんがお掃除とベッドメイキングをしてくれていたよ!

洗濯も毎日してくれるし、ご飯も提供されるの。

とーーーっても楽ちん。英語をがっつり勉強したい人や、英語初心者向け。英語学習に力を入れやすい環境だよ!

バックパッカー(オーストラリア)

これは本当に後悔の塊w

留学エージェントさんにシェアハウスをお願いしたはずなのに、行ってみたら寮のような、バックパッカーのような施設だったの!!4人部屋で2ヶ月滞在分をすでに予約しちゃってたからその分は滞在したよ。そもそもシェアハウスって現地で自分で探すしかないって事、行ってから気づいたよね。エージェントはそんな事一切教えてくれなかったよ。自分で探されたら利益にならないもんね。

バックパッカーは2段ベッドが主流だから・・・気を使って仕方がない。部屋は自分たち管理だから、掃除もろくにしないような人と同じ部屋になったら辛い・・・w

共用シャワーは3つあるのに壊れてて、かろうじて使えたのが1つ・・・これを30人くらいでシェアw

キッチンはいつも自炊したい人で混んでて気を使う上に、フライパンとか諸々ボロボロ・・・

などなど他にも色々あるんだけどキリがない・・・2人部屋とかならまだマシだったかもだけど、デメリットだらけで、数日なら良いけど長期ではもう絶対住みたくないw

Airbnb(オーストラリア)

私的に滞在方法で1番おすすめなのはAirbnb!

Airbnbとは、お部屋が余っているホストが宿泊施設・民宿としてお部屋を貸し出すサービス。 

オーストラリアで1ヶ月、これを利用して2箇所、お世話になったよ。

バックパッカーを晴れて出た後、残り1ヶ月のメルボルン滞在だったから、シェアハウスを探すのは難しかった。メルボルンでは最低1ヶ月〜OKのところもあるけどほとんどは2ヶ月〜のシェアハウスしかないの。

ホームステイも考えたけどオーストラリアは馬鹿高い。

結果、少し郊外になってはしまうけど、学校へのアクセスが良くて安めのところをAirbnbで探すことにしたんだ。

Airbnbの良いところは、レビューがあること。参考になるから、失敗もしにくいよね!

現地にいれば、決める前に見学させてもらえることもあるよ!

滞在した結果は、めちゃくちゃ良かったと思う!コスパも良し、プライベートルームだし、レビュー制度のおかげでホストも優しくしてくれる人が多い。ネイティブだから英語の勉強にもなったよ!


Airbnb(マレーシア)

Airbnbの便利さに気づいた私はマレーシアでもこれを利用。マレーシアは物価が安いから、安い滞在費でダブルベッドのある広いお部屋に滞在できたよ!!

マレーシアでは基本的にタワーマンションに住んでる、移民の人のところがおすすめ!

プールやジムが無料で使えるし、移民なら英語を使ってくれるから勉強になるよ!

私がお世話になったところは本当にラッキーで、ホストはセネガル人(男)とイギリス人(女)のカップル。英語ペラペラの彼氏さんは今までに出会ったことないくらいフレンドリーで優しかった!その上、彼女さんは何と語学学校の先生!!

宿題でわからないこととか確認できるし、マレーシアにいながらネイティブとお話しできる、本当にラッキーで良い環境だった!

ホームステイ(マルタ)

留学旅最後の国で初めてのホームステイを選択。

学校を通すとホストを選べないから、私はHomestay.comというサイトで探して申し込んだよ!

そして、これまで学んだ英語を生かしてホストと仲良くなろうと意気込んだものの・・・

ホストファミリーはマルタ訛りの激しい英語で聞き取りづらく、家族同士の会話はマルタ語・・・これがネイティブ英語の環境だったらとてもよかっただろうな〜と思うの。

そして観光がメインであり、夜遅くまで出かける事が多いマルタは家にいる時間が短かったからそんなにホストファミリーと絡むこともなかったんだ。

マルタの各語学学校は基本的に寮があるんだけど、結局友達について言って寮で日中を過ごしたりしてたし、寮に滞在している子達は仲良くなりやすいから寮にすればよかったな〜って後悔しちゃったw

初めてのホームステイは何とも微妙な滞在だったけれども、ホストファミリーなりに色々気にかけてもらえたり、ご飯が出てくるのは本当にありがたかった!!後、飼われてた猫達が可愛かった〜(マルタは猫が沢山いることでも有名)

だからホームステイは英語で軽くコミュニケーションが出来る人にお勧めではあるけど、ネイティブの国でするべき!!もしもマルタだったら、断然寮がおすすめ!

まとめ

今、私が留学旅をし直すのであれば滞在プランは

フィリピン(寮)→ マレーシア(Airbnb)→  英語ネイティブの国(ホームステイ)→ マルタ(寮)

かな!

滞在方法だけで言えば一番住み心地が良いのはやっぱりAirbnb!

レビューが参考になるのと自分で細かくオプションを選べてプライベートが確保できるし、ホストの質も良いことがほとんど!

留学先の滞在方法は本当に悩むけど、自分に合った滞在方法を見つけてね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください