オーストラリアの世界遺産「シャークベイ」の楽しみ方

Hello! Honaです

4月後半、パースが寒くなってきたから、900km北上したところにあるカナーボンという町まで、また少しロードトリップをしてきたよ!

その道中、「シャークベイ」に2泊滞在したの!見どころが多く、とっても良い場所だったからシェアするね!

シャークベイ(Shark Bay)とは

シャークベイは世界遺産にも登録されている湾。パースから約800km北に位置する、半島のように飛び出している場所で、塩分濃度がかなり高いこの辺りの海は、生息できる生き物が限られているが為に、珍しい自然が残っているの。

一応デナム(Denham)と呼ばれる小さな町が1つあって、穏やかで綺麗な海がある町にはゆったりとした時間が流れていて良い雰囲気だったよ!


ハメリンプール(Hamelin Pool)

シャークベイの入り口に位置する、ハメリンプールではストロマトライトと呼ばれる、世界最古の生命体が今も生息しているの。

なんと、35億年も前から存在しているらしく、地球上で初めて酸素を作り出した生物なんだって・・・しかもこれだけ広範囲に渡って現在も生息が確認されている場所はシャークベイのみ。

そんなストロマトライト、実際はただの黒い岩にしか見えなかったw

でもそんな背景を知って観察して見るとなんだか神秘的・・・・にも見えなかったw

それより初めてシャークベイの海岸を目の当たりにして、海が綺麗すぎて感動!!まだまだ入り口だから他の海岸もさぞかし綺麗なんだろうとワクワクしたよ!

モンキーマイア(Monkey Mia)

モンキーマイアは、野生のイルカに会える海岸で有名!

午前7:45〜正午までの間、イルカが現れる度にスタッフの方々がイルカにエサをあげるパフォーマンスをしてくれるよ。最高でも1日3回イルカが来るらしく、イルカが1度も来ない日は年に2〜3日しかないとの情報をネット上で確認してた私達は、会える気満々で午前9時ごろに到着。

モンキーマイアは完全に観光地化されていて、大人1人15ドルの入場料が必要だった・・・チケット発行のお姉さんにイルカに会えるか尋ねたら、野生だから確約出来ない的なはっきりしない答え・・・。でも同じチケットで明日も入場できるとのことだったから会えなかったら次の日出直すことにしてとりあえず入場。

中は綺麗なビーチとカフェがあってのんびりとした雰囲気。とりあえずビーチでイルカを待つことにした。

が、いくら待っても気配はなく・・・結局正午まで粘ったけど来なかったw

次の日、絶対に逃したくなかったから、7:45に到着。前日とはかなり様子が違っていて、観光客が多く、海岸には既にイルカの姿が見えた!全員、岸の際で列になり、スタッフのお姉さんがイルカの説明をしてくれたよ。

お話しが終わるとエサやりが始まり、観客の中から無作為に選ばれた数名がエサやり体験。羨ましかったけど、ようやく間近でイルカに会えて満足したよ!

パフォーマンス終了の5分後くらいにはなんとまた違うイルカ達が現れ、その日第2回目のパフォーマンスがスタート。

・・・もうわかると思うけど、モンキーマイアに行く人は7:45に行くのがおすすめ!w

リトルラグーン(Little Lagoon)

モンキーマイアに向かう途中に現れるリトルラグーンは、小さな湖。周りは白い砂で、中心は青くなっていて、なんだか海にいるみたい。かなり遠浅で、どこまでも奥に行けそうな感じ。

created by dji camera

周りの砂浜は4WDの車だったら走れるみたいで、何台か走っているのを見かけたよ!

私達はロードトリップではほとんど見かけない1998年製トヨタカローラ。もちろん四駆ではないから大人しく駐車場に止めて湖を楽しんだよw

イーグルブラフ(Eagle Bluff)

シャークベイの綺麗な海を崖の上から観察できる場所。

とっても綺麗な眺めで感動!思わずドローンで撮影したくなるほどの景色。

透明度抜群の海をよく見ると、サメやエイが泳いでる影を確認することが出来るよ!

特別何か体験できる場所ではないけど、その壮大な眺めは観る価値ありだよ!!

シェルビーチ(Shell Beach)

貝殻のみで出来ている、世界に2ヶ所しかないビーチの1つがなんとここ!

4000年もの歳月をかけて積み重なり、石灰岩に変化。その上にまた貝殻が層を作り、今では深さは10m、全長60kmにも及ぶ広いビーチ。遠くから見れば普通に白い砂浜の綺麗なビーチだけど、よく見ると1cmほどの貝殻で埋め尽くされていたよ!

柔らかい砂と違って、裸足で歩くと少しだけ痛いかな。リトルラグーンと同様、遠浅なビーチで波もないから安全でゆっくりできる良い雰囲気だったよ!

シャークベイ唯一の町デナム(Denham)でランチしたカフェで、壁がこの貝殻で出来ている事に気づいたの。

ビーチを掘って切り取れば貝殻ブロックが取り出せるんだとか。そんなおしゃれな貝殻ブロックは町のいたるところに使われていたよ!

まとめ

シャークベイは本当に素敵な場所で、私達のロードトリップ中でもかなりお気に入りになった場所。

塩分濃度の高い厳しい環境で生きられる生物は少なく、ストロマトライトや貝殻が天敵に晒される事なく静かに生き残れるからこその自然を作り出しているの。

とってもアクセスの悪い場所ではあるけれど、行く価値はかなりあり!!

ただ、これだけ絶賛しといてかなり重要なマイナス点があるの。

それは、ハエが至る所に大量発生しているという事。

このロードトリップ中はどこに行ってもこの大量のハエがストレス。ハエ避けのネットを被っている人もよく見かけてたよ。これ完全に必須だと思うw




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください