オーストラリアでのシェアハウスの探し方!これを読むだけで素敵なお家が見つかる!

Hello! Honaです

オーストラリアで留学やワーホリを考えているあなた!オーストラリアでのメジャーな滞在方法はシェアハウスという事は知っている人も多いはず。

私は、メルボルンへ留学に行く前にエージェントを通してシェアハウスの契約をしてしまって失敗してしまったの・・・。

そもそもシェアハウスは短くても1ヶ月〜の契約がほとんど。

内見もせずに契約してしまうと、学校への交通が不便だったり、実はとても汚かったり。気に入らなくても我慢して滞在しなければいけないリスクがあるんだよ!!

オーストラリアのシェアハウスでも、日本で住む場所を決めるみたいに、内見をしてから契約する事は常識!内見をしないで決める・・・という事はその家を気にいるかどうかは運任せってことになるよね。

まずは短期の滞在を予約

では、好みのシェアハウスを見つけるために、渡航前にどうしたらいいのか?

エージェントか、Booking.comAirbnbなどの宿予約サイトを利用し、最初の2週間分くらいの宿を確保しておく事。渡航後、現地の土地勘がついてからシェアハウス探しをする事をおすすめするよ!

現地でこの辺に住みたいな〜と思うくらい、土地勘がついたらいざシェアハウス探し!

オーストラリアでのシェアハウスの探し方は主に2つ。

  • インターネットで探す
  • 知人・友人の紹介

今回はインターネットでの探し方を紹介するよ!

「Gumtree」へ会員登録しよう!

Gumtreeとは、日本でいう、ジモティ。個人間で様々な物の売買ができるサイトのことだよ!

長期滞在予定の人はここで中古車を買ったりも出来るし、とにかくなんでも見つかる便利なサイトw

そして、部屋のオーナーの多くはGumtreeを利用してシェアメイトを募集しているのだ!!

登録は簡単!

  1. Gumtreeへアクセス
  2. 右上の「Register」をクリック
  3. FacebookまたはGoogleアカウントを通して登録するか、メールアドレスとパスワードを入力して登録

部屋を検索してみよう

登録が完了したら、今度は部屋の検索!

カテゴリ選択で、「Real Estate」>「Roomshare」または「Flatshare & Houseshare」を選択

住みたい場所を入力、そこからの範囲(km)を指定し、検索!

検索結果画面の左側にあるフィルターで条件を絞るよ!

  • Price:家賃の幅を指定。基本的に週毎の家賃で表記されていて、週150ドル前後が平均くらい。地域によっても変わるから最初は指定しなくても良いかも。
  • Price Type:金額交渉の可否
  • Dwelling Type:家の種類。Flatshareはマンションの1室をシェア、Houseshareは一軒家。
  • Bedrooms・Bathrooms:寝室やトイレの数
  • Furnished:家具付きか無しか
  • Parking:駐車場の種類
  • Pet Friendly:ペットの可否
  • Preferred Gender:男子オンリーか女子オンリーか、関係ないか
  • Offer Type:「Offering」を選択
  • Featured Ads:特集が組まれている広告。指定しなくてOK

チェックポイントを確認しよう

気になるお部屋が見つかったら、説明文の中に下記の記載があるかどうかを確認!

・光熱費・インターネット料金が家賃に含まれているかどうか

 表記例:All bills,utilities and wifi included

・保証金の値段

 表記例:Bond is $200

・最低入居期間

 表記例:Minimum stay is 1 month

・退去報告は何週間前までに行わなければいけないか

 表記例:2 weeks notice before leaving

入居時に滞在期間を伝えていても、退去報告は決められた期間前にオーナーに報告しなければいけないという謎のルール。退去直前に報告すると、保証金が返ってこないこともあるから気をつけて!

しかも、オーナーが現金を持ち合わせていない場合が多いから、退去報告時に保証金の返金準備も依頼しておいた方が無難。

必要な情報がなかったり、聞きたい事があれば直接オーナーに問い合わせよう。Gumtreeのメッセージ機能は使わないで、電話番号に直接メッセージを送ると早く気付いてもらえるはず。電話番号は右バーの「Send message」ボタン下にあるよ!

内見予約をしよう!

住みたい部屋が見つかったら、オーナーへ内見させて〜ってメッセージを送るよ!

ここでも直接、オーナーの電話番号にメッセージを送ってね。探している場所がシティになると常に部屋を探している人がたくさんいて競争率も高いからスピードが大事!

メッセージ送信例:

Hi オーナーの名前, I'm Japanese who has been studying English in シティ名.
I'm interested in the ad for "広告のタイトル" you've listed on Gumtree.
 
When can I inspect the property?
I can go there from 2pm to 8pm in weekdays.  ※都合の良い時間
 
I'm looking forward to hearing from you.
Thanks

オーナーさんと内見(inspection)の日程を合わせたら、あとは観に行くだけ!部屋だけでなく、オーナーさんの人柄をみたり、どんなシェアメイトが住んでいるのかも聞いてみてね!

契約するまで

内見し、その場で気に入って契約に進む場合は、オーナーへ下記のように伝え、入居日などを話し合って行こう。

I like your room! I would like to live here!

思った部屋と違ってやっぱり入居しない、または考えたい場合

Thank you very much for today. I'll contact you later.


のちに入居しないことを決めたら、下記のようなメッセージを送ってやんわり断ろう。

「Thank you for the inspection, but I have decided to take another room. Thank you.」

この一連の流れを、気に入ったお部屋が見つかるまで繰り返すだけ!

私はオーストラリア留学前にエージェントに頼んでシェアハウスを2ヶ月も予約しちゃったの。現地についてから気付いたのはそれはシェアハウスではなく「バックパッカー」だったという事。全然家とは違うからくつろげないし、共用スペースに対しての宿泊者が多すぎて満足にキッチンも使えない。シェアハウスに住んでいるクラスメイトたちが羨ましかったw

そもそも日本にいながらシェアハウスを決めるなんてほぼ不可能だって気付いたよ・・・

自分で探すのはちょっとハードルが高くなってしまうけど、快適なオーストラリア生活を送るためにも、頑張ってね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください