【パース】私の好きな町「フリーマントル」のおすすめ観光スポットを紹介!

Hello! Honaです

パースの観光地で有名なフリーマントル(Fremantle)と言う町は漁業が盛んな港町。

19世紀にイギリス海軍がたどり着いて開拓されていったこの地域は、当時の面影が残っていて、歴史あるおしゃれな街並みが素敵なの!

私がパースに来てからもう何度も足を運んでいるこの町で、観光するなら絶対に行って欲しい場所をピックアップしたよ!

インスタ映え!「コンテインボー」

数年前、フリーマントルに現れたアート作品。カラフルなコンテナが虹のように建てられているの!

これは私のインスタでも反響があった場所!街中から少し離れているからなのか、まだまだ観光客の少ないスポットだから、写真を取りたい人は是非行ってみてね!!

ラウンドハウス

西オーストラリアで最古と言われている建築物!

1831年から1886年の間、牢獄として使われていたらしい。建物はドーナツ型のようになっていて、建物中央の中庭を囲むように8つの小部屋が。お部屋が少ないから、思ったより小さかった!

ラウンドハウスの周りには、大砲が置いてあったりもしたけど、牢獄だったとは思えない素敵な雰囲気。

ちょっと高台になっているから、海や街の景色も楽しめるよ!

フリーマントルマーケット

1897年から続いている、フリーマントルの歴史あるマーケット!

毎週金・土・日曜日の9:00~18:00(金曜日は20時)に開催されていて、毎週末は大賑わい!

中には野菜やフルーツを始め、ジュースや紅茶、フード屋台も雑貨もあって色々楽しめるよ!

フルーツ屋さんではなんと試食用のカットフルーツが用意されているから、食べ比べして、美味しいフルーツを見つけてね!

新鮮な生ビール!「リトルクリーチャーズブルーイング」

リトルクリーチャーズブルーイング(Little Creatures Brewery)」は、オーストラリアの代表的クラフトビール。そんなビール会社の本拠地が、ここ、フリーマントル!

このビール工場の左側2つはレストラン兼バー、右がショップになっているの。

創業2000年で割と新しい会社にも関わらず、高い醸造技術とこだわりのある味わい深〜いビールが反響を呼んで大人気になったらしい!

そんな美味しいビールがここで作られていて、出来たてがその場で楽しめるなんて、行くしかないよね!

ショップではビールを瓶ビールがたくさん売られているんだけど、生ビールも飲むことができるの!種類がたくさんあって迷ってしまう人は、15ドルで全11種類の試飲セットを頼むことができるよ!

なんと、ここのお客さんは無料で自転車レンタルが出来るんだとか!晴れた日にこのおしゃれな街中を自転車で走ってみるのも気持ち良さそ〜!

ショップは夕方には閉まってしまうから、試飲セットを楽しみたい人は昼間のうちに行こう!

レストラン兼バーは、夜も開いていて、ビールだけじゃなくディナーも楽しめるよ!

残念ながら試飲セットはないらしいけど、お願いしたら特別に3種類ほど無料で試飲させてくれたよw

夜入店する場合は年齢確認が必要になるから、パスポートを忘れずに!

フィッシュ&チップス

港町でもあるフリーマントルの港沿いにはフィッシュ&チップスのお店が何軒も!

私たち日本人からするとフィッシュ&チップスってザ・イギリスの食べ物って思いがちだけど、もともとイギリスによって開拓されたオーストラリアでもこれは定番の食べ物。

お店によって衣が違ったり揚げ方やポテトも違うから自分好みのものを見つけてね!

バザーズビーチ(Bathers Beach)

フィッシュ&チップスのお店が並んでいる港の隣には、小さなビーチもあるよ!

ゆったりしたデッキもあって、夕暮れ時にはここで海に沈む夕日を眺める人がたくさん。

歩き疲れたらこの小さなビーチに立ち寄って、休憩がてら夕日を楽しんでね!

街並み

ここまで色々紹介したけど、レトロな建物が多くて、おしゃれなカフェやレストランが立ち並ぶフリーマントルの街並みは歩くだけでも楽しい!!

旅人の心をくすぐる、地図専門のショップを見つけちゃって、思わず立ち寄っちゃった!

あと、人気のアサイーボウル屋さんとか!!(ごめんなさい、でも本当の事を言うとアサイーボウルが大好きな私にとってやっぱりハワイには勝てない感が・・・w)

まあそんなこんなで、素敵な見所がたくさんあるフリーマントルは私のお気に入りの町になったよー!

行くときはぜひ丸1日使って散策してね〜!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください