現地通貨を海外ATMで引き出す方法!オーストラリアで手数料が一番安いATMは?

Hello! Honaです

海外で旅行中、留学中など、現金がなくなったからクレジットカードやデビットカードを使って海外キャシングしたい時、あるよね?

実際、私が留学中の時はデビットカードを使って現金を引き出してたの。

今回は、クレジットカードやデビットカードでのATMを使った現地通貨引き出し方法を説明していくよ。

使えるATM

クレジットカードやデビットカードの裏には下図のどちらかの記載があるはず。海外ATMに、自分のカードにあるマークと同じものが表記されていれば、現金が引き出せるよ!

ATMの操作

言語の選択

観光地のATMなどでは、最初の画面で言語が選べる地域もあるよ。

日本語があれば簡単だけど、ない場合は英語で操作して行くよ。

カードを挿入

大抵のATMでは、まず始めにカードを差込口に挿入するよ。

暗証番号(PIN)を入力

カード挿入後は、4桁の暗証番号の入力を求められるよ。

暗証番号は、英語では「PIN」と呼ばれることが多いよ。スキミングされないように、手元は隠しながら打ってね。ちなみに私は海外で2枚ものカードをスキミングされた経験があるよ・・・

メニューを選択

数あるメニューの中から「Withdraw(引き出し)」を選択

取引口座の選択

ここで口座の種類を選択するよ。

クレジットカードの人は「Credit」

デビットカードは「Saving」

私はデビットカードなのに「Credit」を選択してそのまま取引きしてしまった事があるんだけど、あとで手数料など確認すると「Saving」の場合と特に変わらなかったから実はあんま関係ないかも・・・w

Receipt(明細書)の要否を選択

明細書の要否を質問されるから、「Yes」か「No」を選択(ATMによっては画面表示のみの選択肢もあるよ)

金額を指定

引き出したい金額のボタンを選ぶか、自分でタッチキーを使って引き出したい金額を入力するよ。

ATMによっては引き出せる単位が決まっているから(10ドルずつなど)、ルールに沿って金額指定してね。下図の場合、20ドルまたは50ドル単位でしか引き出し出来ないよ。

手数料の確認

最後に、利用したATMの利用手数料と、「あなたが使っているクレジットカード会社や銀行からも手数料が別途かかるかもしれないよ」と注意事項を提示されるから、同意して取り引きを続けるか否かを選択。

「Yes」を選択すると、現金とカード、明細書が出てきて取引完了!(最後にもう一度暗証番号の入力を求められる事もあるよ)

「No」を選択するとカードが返されて、取引中止になるよ。

ATM利用手数料とは

現地のATMでは基本的に海外のカード利用者に対して、利用手数料を設定しているのだけど、日本と同様、銀行などが運営しているから、会社によって設定金額は異なる。

基本的にホテルなどの観光客が利用するであろう場所に設置してあるATMでは高い傾向があるよ。

オーストラリアで手数料最安のATM

オーストラリアで私が調査した結果、一番安かったATMはANZという銀行のATM。

大手銀行でも5ドルとか取られるATMがある中で、「ANZ」のATMは2ドルだったよ。

オーストラリアでキャッシングする場合はANZがお得だよー!

海外取引にかかわる手数料

もちろん、海外ATMでの現金引き出しの直前に注意書きがあったように、ATM利用手数料の他に、利用したクレジットカード会社やデビットカードの銀行からさらに手数料が引かれるよ。

この手数料については会社によって呼び方が変わる。

私が使っているスルガ銀行のデビットカードは「海外取引に関わる手数料」として、引き出した金額の3%が引かれるようになってるの。

手数料って、結構高いよね・・・



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください